田中税理士事務所ホームページへ

2013年02月19日

『中小会計要領』の普及に向け、信用保証料率の割引制度が開始



東海税理士会鈴鹿支部所属 税理士 田中英二です。


信用保証協会は今年4月から3年間、中小会計要領(正式名は『中小企業の会計に関する基本要領』)を採用する中小企業の信用保証料率が0.1%割引されます。
これに伴い、『中小企業の会計に関する指針』を採用している企業に対し、従来より割引制度がありますが、こちらが3月末をもって廃止となります。

全国信用保証協会のHPより

ただし、これらの割引制度は一般の保証などの責任共有制度対象などが対象とのこと。セーフティネット保証など特定の政策目的で設けられている保障制度は対象外です。


これは本当にありがたい改正です。 中小会計要領においては、『記帳の適時性』が要求されています。

このことが割引制度に反映していただけるといいと思います。

 今まで月次決算を実施されているお客様にとって『朗報』となってほしいものです。

東海財務局・中部経済産業局認定 経営革新等支援機関        田中英二税理士事務所

 NEW 新HPもぜひご覧ください(三重県鈴鹿市の税理士)  
田中英二税理士事務所のホームページへ 








posted by 田中 英二 at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。