田中税理士事務所ホームページへ

2012年12月22日

コンビニエンスストアにて

 12月に入ってから、『本を読みたい』という思いに駆り立てられています。

 開業したころは、読書する時間がたっぷりとあったので、税法などの専門書以外に年間100冊読むことを自分に課していました。その頃に出会った本は、自分自身のビジネス感性の基礎となっています。

 ここ2年間は『ファイナンシャル・プランナー』の試験に時間を費やしていたので、以前のように本を読む機会がなかなかありませんでした。
 ようやく試験勉強もひと段落したこともあって、以前のように書店へ立ち寄る機会も増えてきました。

 今日はたまたま『コンビニエンスストア』に昼食を買いに出かけたのですが、そこの店員さんがものすごく丁寧な対応でした。一度はレジを終えましたが、『ちょっと本も見ていこうかなあ』っていうくらいの軽い気持ちで書店コーナーに足を運びました。
 そこで出会った本が今日のテーマです。書籍名はあえて公表しません。皆さんの感性に合うとは必ずしも言えないからです。
 その本を少し立ち読みしたのですが、その感想は『背中に何か電気のようなものが走った』くらいの衝撃を受けました。
たった100ページ程度の本です・・・。しかもなにげなく、さりげなく置いてある本です・・・。
 この後、事務所に戻ってからこの本を真剣に読みました。
 そして今も読み返しています!!。
今の自分にとってこれ以上の本はないと思っています。コンビニエンスストアの店員さんにお礼を言いたいくらい感謝しています。
 
 










posted by 田中 英二 at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。