田中税理士事務所ホームページへ

2010年11月12日

巡回監査

 本日はスタッフと同行してお客さまのところへうかがいました。

 年末調整のご説明を行い必要書類などをそろえていただきました。
 また、いつもの月と同様に10月分の月次監査も行いました。
 領収書・請求書などの証憑書類のチェック、現金預金の残高チェック、借入金や預り金のチェックもきちんと行います。また、10月末日は土曜日だったので社会保険料などの未払金の計上なども入念に確認します。減価償却費は月割計上し手いただきます。決算整理仕訳で利益ががらり変わることのないようにしています。

 これらの監査をきちんと行えている理由として、『お客様から数日前に会計データをメールに添付して送っていただけている』ことが前提となります。つまり、前もってある程度内容を確認しているので内容が分かった上で監査を行える、これが監査時間の短縮になります。
 監査時間の短縮により、税務の話はもとより経営に関する話もしっかりとお話ができます。

 当事務所では『御社で試算表が作成できる仕組み作り』に力を入れています。もちろんタイムリーな時期でないと意味があまりないので、翌月の10日前後までには作成できるようご指導させていただきます。
 

 


 
 





 
 


posted by 田中 英二 at 18:39| Comment(0) | 月次決算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。