田中税理士事務所ホームページへ

2013年02月24日

高額療養費について


東海財務局・中部経済産業局認定 経営革新等支援機関        田中英二税理士事務所

 NEW 新HPもぜひご覧ください(三重県鈴鹿市の税理士)  
田中英二税理士事務所のホームページへ 




個人確定申告書を作成していると、医療費控除を利用されるお客様がみえます。

税務上のことであれば、通常は医療費の合計額が10万円を超えた場合、超えた金額が医療費控除の対象になります。ただし、合計所得金額が200万円未満の方であれば10万円を超えなくとも医療費控除を使える可能性があります。

入院などをされた場合は多額の医療費がかかってしまいます。
医療費の自己負担が高額になった場合に『高額療養費』が給付されます。この高額療養費は医療費控除の対象となる医療費からは控除します。つまり、医療費控除では医療費から高額療養費を差し引いて計算します。

この高額療養費は収入(または所得)の大小により定められている自己負担額を超えた部分が全額給付されます。
事前に各医療保険制度の窓口(保険者)から『限度額適用認定証」を交付してもらうことにより、自己負担分のみを支払うことも可能です。
一度医療機関へご相談してみてください。

東海税理士会鈴鹿支部所属 税理士 田中英二



posted by 田中 英二 at 19:36| Comment(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。